使う通貨単位を決める


ブックメーカーをする際に利用する通貨単位を考えましょう。
ブックメーカー自体が元々は海外の文化ですので、これまではドル(USD)が主流でした。ヨーロッパではユーロ(EUR)ですね。

最近では円(JPY)が利用できるブックメーカーが増えてきています。
ただ、以前はNeteller(ネッテラー)などで円を扱っていたため、気軽に利用できる環境がありましたが、
現在は様々な理由により基本的にはユーロで対応することが一番手数料が掛からない状況です。(e-walletによる)

さらにブックメーカー自体のWeb表示も英語のみだったものが、日本語対応させているところが増えてきています。
最近ではこの日本語化への対応増加により、国内でもブックメーカーユーザーが増えてきています。

e-walletにしてもブックメーカーにしても、登録時に通貨単位を選択する箇所が出てきます。そのため、どの通貨で利用するのか事前に良く考えて決めておいて下さい。
後日、変更することも可能ではありますが、手続きに約2週間から1ヵ月程度時間が掛かることになってしまいます。


next-arrow
「ブックメーカーを決める」

上に戻ります