他のブックメーカーも登録してみる


e-walletへの入金が済んだら、直ぐにブックメーカーへの資金移動をしたいところですが、入金が反映されるまで早くてその日のうち~3日程度掛かります。

大抵は即日数分~約2日で反映されるかと思われますので、それまでの間に追加で使用するブックメーカーを登録しましょう。

なぜ複数のブックメーカーを使うのか?

もちろんひとつのブックメーカーでも構わないのですが。複数のブックメーカーを登録しておくにはいくつかのメリットがあります。

オッズの差異

ブックメーカーによってオッズは違います。そのため、同じ試合にベットする場合ではオッズの高い方へベットした方が利益が出るため。

ベットメニューの違い

同じ試合でもベットメニューの内容が異なります。あなたが意図するメニューが無い場合、他のブックメーカーでは探すことが可能かもしれません。

使用感の違い

ブックメーカーのWebサイトはほとんどがFlashで構築されています。

#最近のトレンドはCSSデザインによる軽いインターフェイスが増えて来ました
こういったCSSフレームワークによるデザインを施したスポーツブックは、モバイルでもサクサクです

そのため、アクセス環境により、あなたが利用する時間帯で動作が重くなったりすることがあるかもしれません。
その場合、ベットすること自体も操作し辛くなってしまうため、他のブックメーカーがあれば解消できる可能性があります。

ブックメーカーをやりだすと分かってくると思うのですが、それぞれ特色やクセがあったりします。それがあなたに合わない場合があるかもしれません。
この場合、他のブックメーカーを登録しておき、気分転換にするのもひとつの方法です。

ここでは追加で登録したいブックメーカーを厳選して紹介していきます。

追加で登録しておきたい厳選ブックメーカー

PINNACLEPINNACLE (ピナクル) 日本語・日本円OK!
サポート日本語でOK!オッズに関しては業界最高水準をキープ中。
日本語対応メールサポート : csd@pinnaclesports.com
もしくはオンラインカスタマーサービスから
マルチベット(パーレイ)・アービトラージに最適なブックメーカー。
日本からのアクセスが最も多い。(20%越えている)
Pinnacle Sports を選ぶ理由


NetBetNetBet (ネットベット) 日本語のみ対応
こちらは日本語対応ですが、日本円(JPY)の設定がありません。
日本語対応メールサポート : support.jp@netbet.com
もしくはオンラインヘルプから ライブチャット(PM5:00~AM9:00)も有りますが、日本人担当者が居る時には日本語対応可能。そのままメッセージを残してメール返信を待つことも出来ます。


bet365bet365 (ベット365) 日本円のみ対応
英語のみとなりますが、業界スタンダードのブックメーカー。
bet365を使わないベッターはいないかも?
ベットメニューが多彩で取り扱う競技数もトップクラスの数。
無料で利用できるLiveストリーミングは国内で放送されないゲームが多数あり、Liveベットのお供に必須です。


10Bet (テンベット) 日本語・日本円に両対応
Server Location : Philadelphia(USA)
使用感 : 光沢感のあるインターフェイス。サーフィン、World Chess Championshipなど。モバイル対応サイト(日本語)。
サッカーに多彩なベットメニュー。ポルトガル、ドイツのユーザーが多い。


188BET188BET (188ベット) 日本語・日本円に両対応
Server Location : Philippines
韓国・中国・東南アジアで人気のブックメーカー。
使用感 : 背景の色が落ち着いていて文字が見やすい。
モバイルアプリ有。


138.com138.com (138ドットコム) 日本語対応・日本円のみ
Server Location : Philippines
使用感 : LiveメニューのFlashローディングがかなり遅いが、一度表示されてしまえば、その後のベッティングには支障なし。モバイルサイト有。かなり使い易いしSunGirlというコンテンツもあるので男子にはお勧め。


138.com

Marathonbet (マラソンベット)日本円のみ対応
Server Location : California(USA)
レスポンス抜群。
使用感 : メニューのローディングが遅いが一度表示されてしまえば、その後のベッティングには支障なし。モバイルサイト有。
クラシックな感じで落ち着いた雰囲気が好みの方はお勧め。

 


next-arrow
3日目にやること「ブックメーカーへ資金移動する」

上に戻ります